アイメイクリムーバーNo1を決定!田中みな実推しクレンジング vs 10年以上ランキングトップのクレンジング

ベースメイクのクレンジングだけではなく、アイメイク専用のクレンジング「アイメイクリムーバー」も使っていますか?

ウォータープルーフのマスカラやアイライナー、ラメ入りのアイシャドウを使う方は、アイメイクリムーバーを使うのがおすすめ。

ガチガチに固めたまつ毛や濃いアイシャドウをするんと落とすことができ、目元の色素沈着や肌荒れを防ぎます。

ao

目元の皮膚は薄いので専用リムーバーで手早く落とすのが◎

10本以上リピート買いした「ビフェスタ アイメイクアップリムーバー」と、田中みな実さんが使ったことで注目を集めた「ソフティモ スーパー ポイントメイクアップリムーバー」を徹底比較しました!

評判のアイメイクリムーバー2つについて、メイク落ちのよさや配合成分、コスパについてご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • プチプラのアイメイクリムーバーを探している
  • ウォータープルーフのアイメイクをするんときれいに落としたい
  • メイク落ちのよさと低刺激を兼ね備えたリムーバーがほしい
Contents

ドラッグストアで買える!プチプラのアイメイクリムーバー

まずは「ソフティモ スーパー ポイントメイクアップリムーバー」と「ビフェスタ アイメイクアップリムーバー」の特徴と魅力をご紹介します。

どちらもドラッグストアで購入できる、プチプラアイメイクリムーバーです。

田中みな実さんが使っていた「ソフティモ スーパー ポイントメイクアップリムーバー」

ソフティモの「スーパー ポイントメイクアップリムーバー」は、田中みな実さん愛用のプチプラコスメとして、美容雑誌『MAQUIA』2019年7月号に掲載されていました。

ao

大学生の頃から使い始めて30本以上リピートしているみたい!

ジェルタイプのクレンジングは刺激が少ないので、敏感肌である田中みな実さんにあっているようですね。

ソフティモ アイメイクリムーバーの特徴
  • オーガニックのうるおい成分でしっとりとやさしくオフ
  • まつ毛保護成分配合
  • 振らずに使えるジェルタイプ

公式サイトでジェルタイプと記載がありましたが、見た目は乳液のようなミルクタイプに近いテクスチャーです。

コットンにのせても馴染みにくいのがマイナスポイント。

挟むようにパフパフすると染み込んでいきます。

超おすすめ!10本以上リピした「ビフェスタ アイメイクアップリムーバー」

ビフェスタの「アイメイクアップリムーバー」は、アットコスメで常にトップ3にランクインし、2014年から4年間ベストコスメにも選ばれるほど支持されているアイメイクリムーバーです。

ao

学生時代から10本以上リピートしている手放せないクレンジング!

一時期ほかのアイメイクリムーバーに浮気したこともありますが、結局ビフェスタに戻ってきました。

お気に入りすぎるあまり、周りの友人に「これいいよ!」とおすすめするほど。

ビフェスタ アイメイクアップリムーバーの特徴
  • 化粧水由来のウォーター層&油性エモリエント層のWアプローチ
  • まつ毛の保湿、保護成分配合
  • 濃いアイメイク、リップをするんとオフ

水の層と油性の層がある2層構造により、オイルタイプでも乳化いらず!

ウォータープルーフのコスメを使ったアイメイクや濃いリップを、するんと擦らずにオフできます。

ao

ガチガチに固めたマスカラでも、10~20秒コットンをあてるだけでスッキリきれいに!

万が一目にしみても痛みを感じにくいので、目のキワに引いたアイラインもしっかりオフできます。

使用感はオイルよりも水に近く、コットンに染み込みやすいところがうれしいです。

綿棒にも馴染みやすいので、まつ毛の1本1本を丁寧にメイクオフできますよ。

優れたメイク落ちのよさにより、唇の縦じわに入り込んだリップもしっかり落とせるのがうれしいです。

2つのアイメイクリムーバーの実力を比較!

ソフティモとビフェスタのアイメイクリムーバーについて、以下3つのポイントを比べてみました。

  1. メイク落ちのよさと肌負担
  2. 配合成分
  3. コスパ
ao

それぞれのチェックポイントについて、詳しく比べてみましょう!

メイク落ちのよさと肌負担

スクロールできます
よかったところ◎イマイチなところ△
ソフティモ・スキンケアをしているような感覚でオフできる
・アイメイクをしっかり落とすまで繰り返す必要あり
・目にしみやすい
・手につきやすい
ビフェスタ・メイク落ちが早い
・メイクオフ中の不快感なし
・メイクオフ後の突っ張り感なし
コスパ

メイクの落ちやすさや肌負担を比べると、ビフェスタのアイメイクアップリムーバーが◎

オイルクレンジングのような重さはなく、水と油分の中間くらいの軽い使用感が特徴です。

オイルながらもギトギト感はなく、メイクオフ中の不快感もありませんでした。

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使っていても、コットンをしばらく押しあてるだけでじゅわっとメイクが浮き上がってくるので、摩擦ほぼゼロのメイクオフがかないます。

アイメイクに限らずクレンジングの摩擦はNG!
ゴシゴシ擦りながらメイクオフすると、色素沈着や肌荒れになってしまいます。

ソフティモは乳液のようなとろりとしたテクスチャーなので、スキンケアをしているようにやさしくメイクオフできるのが魅力。

しかしアイメイクの落ち具合はイマイチでした……

ao

田中みな実さんが使っていたと聞いてた分、期待しすぎたかも?

落ちにくいと、繰り返しコットンを押しあてたり少し擦ったりする必要があり、摩擦とメイクオフの時間が長くなってしまうのが気になります。

クレンジングは肌にとって負担になる工程なので、手早く終わらせるのが大切!

アイライナーを落とそうと目のキワにコットンを押しあてると、高確率でしみてしまいピリピリとした痛みを感じます。

メイク落ちのよさは、圧倒的にビフェスタのアイメイクアップリムーバーがよかったです。

配合成分

スクロールできます
ソフティモビフェスタ
成分・特徴・まつ毛保護成分配合
・涙に近い中性タイプ
・香料フリー
・着色料フリー
・まつ毛保護成分配合
・低刺激処方
・香料フリー
・着色剤フリー
・防腐剤フリー
テストパッチテスト、アレルギーテスト済みパッチテスト、アレルギーテスト済み

特徴的な成分を比べると、両方とも同じようなまつ毛保護成分が配合されていることがわかりました。

  • 高密着ヒアルロン酸(保湿)
  • プロビタミンB5[パンテノール](保湿)
  • BG(保湿、防腐)

ソフティモに含まれているBGは、うるおいを保つ働きと防腐効果を高める働きがある成分。

一方、ビフェスタは防腐剤フリー&低刺激処方なので、極端な敏感肌で肌荒れを起こしやすい方はビフェスタがおすすめです。

コスパ

ソフティモビフェスタ
価格(税込)※Amazon参照587円598円
容量230ml145ml

ビフェスタよりもソフティモの方がコスパが高いです。

ジェルタイプであるソフティモは少量でもコットン全体に行きわたるので、長い間使い続けることができました。

ビフェスタはオイルタイプである分、濃いアイメイクを落とそうとするとバシャバシャ使う必要があり、ソフティモと比べると減りが早いのが残念ポイント。

しかしどちらもほぼ同じ価格なので、使用感やメイクの落ちやすさ・肌負担の少なさから、ビフェスタのアイメイクアップリムーバーをリピートしています。

ao

いつもAmazonでまとめ買いしています!

のんびりねこ

ビフェスタ公式が紹介しているAmazonページだよ~

おすすめはビフェスタの「アイメイクアップリムーバー」

ここまでの比較ポイントを表にまとめてみました。

ソフティモビフェスタ
メイク落ちのよさと肌負担
配合成分
コスパ
ao

トータルの評価ではビフェスタの方がおすすめ!

のんびりねこ

勝敗の分かれ目になるポイントは?

ao

なんといっても「メイク落ちのよさ」だよ!

クレンジングで大切なポイントは「メイク落ちのよさ」です。

なぜならメイク落ちがよければメイクオフが短時間で済み、肌負担を最小限に抑えられるから。

クレンジングそのものの刺激を比べると「ジェル < オイル」なので、敏感肌の方にとってオイルは不向きである場合も。

しかしジェルのメイク落ちが悪いと、何度もコットンをあてたり擦ったりする必要があり、クレンジング時間が長くなります。

その結果、短時間で終わるオイルよりもジェルの方が肌負担が大きくなってしまうのです。

極端な乾燥肌や目元にトラブルがある場合を除き、クレンジングはメイク落ち力の高いオイルをおすすめします。

さいごに

これまで何種類ものアイメイクリムーバーを試してきましたが、新しいクレンジングを試しても結局ビフェスタに戻るので、今は浮気せずリピート買いしています。

デパコスのクレンジングも好みですが、お高いとどうしてもチビチビ使ってしまい、肌負担が増してしまうことに……

やっぱりケチケチせずにたっぷりのクレンジングですっきり落とせる、プチプラのアイメイクリムーバーがいいですね。

ao

たくさんのドラッグストアでビフェスタの価格をチェックしたところ、最安値はAmazonでした!(わたし調べ)

まだ使ったことがない方は、ビフェスタのアイメイクアップリムーバーをぜひお試しください!

  • 商品名:Bifesta(ビフェスタ)「アイメイクアップリムーバー」
  • 価格/容量:オープン価格/145ml
  • メーカー:マンダム
  • キーワード:アイメイクリムーバー、低刺激処方、香料フリー、防腐剤フリー着色剤フリー
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる